Hosting, Backup and Restore, SSL

Carefully crafted elements come together into one amazing Web site.

Hosting Service Plan Selection

Personal Plan powered by XSERVER wpX レンタルサーバー

個人のブログや情報発信の基盤として最適な「Personal」プランは、外部のホスティングサービス(レンタルサーバー)としてXSERVER社が提供している「wpXレンタルサーバー」と呼ばれるWordPress専用のサービスを利用しています。「wpXレンタルサーバー」の特徴は、WordPressのホスティングサービスに特化しているためシンプルでかつ効率的な運用が可能なことです。

サイトの容量は最大で30GB、データベースの容量は最大で1GBなので、画像や動画を扱ったり、1日に何回もブログを更新するようなヘビーユーザーでなければ十分です。また、「wpXレンタルサーバー」は性能と安全性については業界でも定評のあるサービスです。特に、「Personal」プランが対象とする小規模のWebサイトの運用には最適なホスティングサービスの1つです。

Professional Plan powered by XSERVER wpX レンタルサーバー

専門性のある職業の個人事業主のブログや情報発信の基盤として最適な「Professional」プランは、外部のホスティングサービス(レンタルサーバー)としてXSERVER社が提供している「wpXレンタルサーバー」と呼ばれるWordPress専用のサービスを利用しています。「wpXレンタルサーバー」の特徴は、WordPressのホスティングサービスに特化しているためシンプルでかつ効率的な運用が可能なことです。

サイトの容量は最大で30GB、データベースの容量は最大で1GBなので、画像や動画を扱ったり、1日に何回もブログを更新するようなヘビーユーザーでなければ十分です(プロのフォトグラファーやプロのムービークリエーターといった場合は、データはAWSなどのクラウドに配置することを推奨しています)。独自ドメインによるメールの運用が可能なので、ビジネス交渉のさいに信頼性を保証することができるでしょう。また、「wpXレンタルサーバー」は性能と安全性については業界でも定評のあるサービスです。特に、「Professional」プランが対象とする小・中規模のWebサイトの運用には最適なホスティングサービスの1つです。

Business Plan powered by XSERVER wpX クラウド

企業の情報発信(イベント、予約、会員制、ECなどは除く)の基盤として最適な「Business」プランは、外部のホスティングサービス(レンタルサーバー)としてXSERVER社が提供している「wpXクラウド」と呼ばれるホスティングサービスを利用しています。

「wpXレンタル」特徴は、サイトの規模の変化に応じてスケールアウト・スケールダウン可能です(規模により追加料金が変化します)。

サイトの容量は最大で100GB、データベースの容量は最大で2.5GBなので、大企業でなければ支障はありません。独自ドメインによるメールの運用が可能なので、ビジネス交渉のさいに信頼性を保証することができるでしょう。また、「wpXレンタル」は性能と安全性については業界でも定評のあるサービスです。特に、「Business」プランが対象とする中規模のWebサイトの運用には最適なホスティングサービスの1つです。

Premium Plan powered by XSERVER wpX クラウド

ECサイト、会員制サイト、予約サイト、イベントサイトなどの基盤として最適な「Premium」プランは、外部のホスティングサービス(レンタルサーバー)としてXSERVER社が提供している「wpXクラウド」と呼ばれるホスティングサービスを利用しています。

「wpXクラウド」の特徴は、サイトの規模の変化に応じてスケールアウト・スケールダウン可能です(規模により追加料金が変化します)。

サイトの容量は最大で100GB、データベースの容量は最大で2.5GBなので、大企業でなければ支障はありません。独自ドメインによるメールの運用が可能なので、ビジネス交渉のさいに信頼性を保証することができるでしょう。また、「wpXクラウド」は性能と安全性については業界でも定評のあるサービスです。特に、「Premium」プランが対象とする中規模のWebサイトの運用には最適なホスティングサービスの1つです。

Backup and Restore the Web Sites

Backup and Restore Data Area

バックアップの対象は2つに分かれます。1つ目はWebサイトのデータ領域、2つ目はWebサイトのデータベース領域です。

1つ目のWebサイトのデータ領域で障害が発生した時に問題になるのは、WordPress本体の領域、プラグイン(機能追加)、テーマ(デザイン)などを除く領域、具体的にはブログの写真などのメディアです。ただし、メディアは障害が起きている場合であってもFTPなどのツールでリストア(復元)可能です。ただし、通常、障害が起きた時は、念のため、障害発生前のバックアップを保存します。

Backup and Restore Database Area

バックアップの対象は2つに分かれます。1つ目はWebサイトのデータ領域、2つ目はWebサイトのデータベース領域です。

2つ目のWebサイトのデータベース領域で障害が発生した時は、一般的に1つ目のデータ領域以上に大きな問題になります。通常、私たちはWebサイトに大きな変更を加える時、データベースのバックアップを保存してから作業を実行します。稀に運用中にデータベースに異常が発生すると、障害発生前と思われるバックアップを取得し、リストア(復元)を試みます。この場合、障害発生中のブログやコメントなどの内容は失われることをご理解ください。

バックアップは最大14日分だけなので、その期間中に障害に気がつかなかった場合は、最悪、バックアップデータそのものに問題がある可能性があります。この場合は手動による回復を試みることもあります、データベース領域の復旧作業には最低でも1日程度かかることもご理解ください。

データベース領域の障害の最大の問題は、ECサイトの注文履歴などがリストア前の状態に巻き戻ることです。私たちは、Amazonや楽天のバックエンドシステムのように、オンライントランザクション(OLTP)を基盤にしたコミット・ロールバック可能なクラスタリング(冗長性)システムのECサイトは提供していません。ちなみに、ユニクロ、無印良品、ZOZOTOWNなどのサイトの構築は億単位になるでしょう。

この制限は一見デメリットのようにも見えますが、構築費用だけでなく、Amazonや楽天に出店した時にお客様の店舗や商品が大量のデータに埋もれてしまったり、バーゲンハンター(安売り探し)の餌食になる代わりに、自社の商品を適切にアピール(自社でコントロール)したECサイトのアイデンティティ(存在価値)を実現するためのトレードオフと考えてください。

通常、注文の履歴等はメールシステムに保存されているので、一定の手間はかかりますが、手動で回復できます。

TSL (Transport Layer Security)   f.k.a.   SSL (Secure Sockets Layer)

SSL(TSL)は、インターネットなどのコンピュータネットワークにおいてセキュリティを要求される通信を行うためのプロトコルです。主な機能として、通信相手の認証、通信内容の暗号化、改竄の検出を提供することができます。そのため、個人情報やクレジットカード情報などをビジネス目的で扱うWebサイトでは必須になります。私たちはお客様のサイトの安全・安心を第一に考えて、全てのプランで、SSL認証の取得、初期設定、更新料が無料です。ご安心ください。

X
X
X